うつ病との違いは?自律神経失調症とは?

 

自律神経とは自身でコントロールできない神経であり、交感神経と副交感神経があります。

 

交感神経は昼間に活動するときに働き、副交感神経は夜間にリラックスして眠るときに働く神経です。

 

この神経は、自然に交互に入れ替わりバランスをとって働くようになっています。

 

リラックスしている時に働くのが副交感神経、興奮している時に働くのが交感神経です。

 

自律神経失調症とは?

 

自律神経のバランスが崩れてしまうと自律神経失調症になります。

 

特に、思春期や更年期障害などのホルモン分泌のバランスを崩すときが起こりやすいと言われています。原因としては女性ホルモンが関与しているからです。

 

女性ホルモンは、脳内の視床下部という部位でコントロールされていますが、自律神経もこの部位でコントロールされているのです。

 

身体的な体調が不調にあるにもかかわらず、異常なし診断される方も多いと思います。このような場合の多くが自律神経失調症に当てはまります。

 

朝目覚めても、疲れが抜けない状態が2週間以上も続いた場合は、自律神経失調症の前兆とみても良いでしょう。

 

この状態が慢性化するとうつ病などの病気を発症することがありますので、要注意です。

 

自律神経失調症の特徴

 

自律神経失調症の症状は、「身体的なもの」と「精神的なもの」があります。

 

同じ症状がずっと続くわけではなく、日々、症状が変化していくことや、通常は交感神経と副交感神経の2つの神経が交互に入れ替わるのですが、失調症の場合は、交感神経がフルに稼動した状態になるのが、自律神経失調症の特徴でもあります。

 

自律神経失調症の症状

 

 

自律神経失調症で起こる身体的なもの

  • 頭部(頭痛・頭重など)
  • 眼 (眼の疲れ・けいれん・ドライアイなど)
  • 耳鼻咽喉科(耳鳴り・めまい・平行感覚の異常・口の渇きなど)
  • 心臓血管系(動悸・息切れ・胸痛、頻脈・高血圧・貧血・手足の冷えなど)
  • 消化器系(下痢や便秘・嘔吐・胃炎・十二指腸潰瘍など)
  • 皮膚(体温調整ができないなど)
  • 泌尿器及び生殖器(尿の出が悪い・インポテンツなど)
  • 身体全体(緊張が続くため血行も悪くなり、肩や背中、腰などの凝りなど)

 

以上のように症状は全身に及びます。何種類もの症状が出ることが多く、日によっては違う症状を引き起こすのが身体的な自律神経失調症の症状となるわけです。

 

自律神経失調症で起こる精神的なもの

  • 無気力
  • 集中力の低下
  • 感情のコントロールができない
  • 気分の落ち込み
  • ネガティブ思考
  • 思考力の低下

 

この精神的な症状も日によって変化していくので、ご自分では気づかれないことも多いかと思われます。

 

このように、身体と精神は切り離して考えることはできません。身体と精神のどちらかの具合が悪くなれば、必然的にもう一方にも不具合が起きて当然ということです。

 

皆様も日頃から、ストレスが多い環境の中で過ごされていることでしょう。

 

いつもならば、できていたことができなくなったら、「疲れているから」で、終わらせずに意識してリフレッシュする時間をつくり、ひどいときには病院での検査をお勧めいたします。

 

自律神経失調症の予防法とは?

 

  1. 毎日規則正しい生活をすること。
  2. 十分な睡眠を摂ること。
  3. ストレス解消の方法を見つけること。
  4. 食生活はバランスよく摂ること。
  5. 適度な運動をおこなうこと。
  6. 日光浴をすること。

 

まとめ

 

  1. 自律神経とは自分自身でコントロールできない神経です。
  2. 過度のストレスや女性ホルモンの分泌に影響を受けやすく、継続するとうつ病になる可能性もあります。
  3. 自律神経失調症の前兆として、目覚め時に疲れが取れない状態が2週間以上続きます。4、心身共に日々違う体調不良が出現しますが、病院での検査では異常がないことが特徴です。
  4. 自律神経を正常に保つために、普段から規則正しいライフスタイルと食生活、適度な運動、ストレス発散、日光浴します。

 

これらを心掛けるだけで、自律神経失調症は回避できるかもしれません。

 

こちらの記事も読まれています

レクサプロの副作用を見てみる