SSRIジェイゾロフトの効果って?知っておくべき5つのポイントとは

 

うつ病になってしまったけれど、大切な家族のためには働かないといけない。だけど、治療と仕事を両立できるのだろうか。

 

責任感のある、すばらしい考え方だと思います。ここでは、社会人に向いているといわれる抗うつ薬、ジェイゾロフトの効果などについてご説明します。

 

@ジェイゾロフトの概要

 

ジェイゾロフト(英:Sertraline、一般名:セルトラリン)は、SSRI系の抗うつ薬の一つです。アメリカでは1991年に承認され、日本では2006年から使われています。

 

うつ病、うつ状態、パニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に効果があります。

 

後述する特徴により、仕事をする社会人、どうしても日中は活動する必要がある人に1番向いている抗うつ薬です。

 

Aジェイゾロフトの効果とは

 

うつ状態は、セロトニン(神経伝達物質)が減少することで起こります。

 

SSRI系の抗うつ薬であるジェイゾロフトは、減少したセロトニンを増やし、沈んだ気分や不安感を改善し、気分を高揚させてくれるのです。

 

ジェイゾロフトはパキシルなどと比べると、あまり強い薬ではありません。副作用も少なく、だんだんと効果を感じられるため、日中の活動に支障が出にくいのです。

 

仕事をしなければいけない社会人に向いている抗うつ薬と言えます。

 

注意点としては、18歳以下には効果が認められていないこと、他の抗うつ薬と比べて、吐き気、胃の不快感、性機能障害が起こりやすいことが挙げられます。

 

吐き気と胃の不快感は1、2週間で収まり、一時的に胃薬や吐き気止めを飲むことで解決できますが、性機能障害が気になる人は注意してください。

 

Bジェイゾロフトの用法について

 

1日1回、毎日決まった時間帯に飲むことが理想です。はじめは25mg(1錠)から飲み始めます。

 

1週間以上間隔をあけて、自分の必要な量になるまで25mgずつ服薬量を増やしていき、最大100mgまで増やすことができます。

 

Cジェイゾロフトの服用期間について

 

ジェイゾロフトは少量から徐々に服薬量を増やしていく必要があるため、効果を感じるまである程度の日数がかかります。早い人は2週間、遅いと1ヶ月程度です。

 

1ヶ月以上経っても効果が現れない場合、ジェイゾロフトの薬の強さでは足りない可能性があります。医師と相談して、別の薬を検討してください。

 

個人差がありますが、飲み続けてだんだん安定してきたら、医師の指導の下徐々に減薬をしていくことになります。年単位の治療になると思いますが、焦らずに治療を続けましょう。

 

Dジェイゾロフトの薬価とジェネリック薬品

 

ジェイゾロフト(ジェイゾロフト錠)の薬価は25mgで93.5円、50mgで161.9円、100mgで282.7円。

 

1日最大100mg服用すると、3割負担で1ヶ月およそ2600円です。

 

ジェイゾロフトにはジェネリック薬品で「セルトラリン錠」があり、25mgの薬価は42.1円です。

 

元値の半分以下で買えますし、効果も全く同じですので、ジェネリック薬品で処方してもらうことをおすすめします。

 

さらに詳しい情報は製薬会社をご覧ください

ジェイゾロフト添付文書

 

まとめ

 

ジェイゾロフトは副作用が少なく、仕事と治療を両立したい方に適しています。また、薬の効果が穏やかで、パキシルほどのキレはありません。

 

強い薬には抵抗がある、無理なく治療を進めたい、という方も医師の指導の下、検討してみてください。

 

こちらの記事も読まれています

レクサプロの副作用を見てみる